着物買取店の査定ポイント!着物を高く売る為の査定条件とは

着物を売りたいと考えたときに、いったいどういう着物が高く売れるのか気になるところです。

着物のどういったところを見て値段が決まるのか?

種類?
状態?
需要?

着物を「BUYSELL(バイセル)」の査定員さんに実際に直接査定してもらう時に聞いてみました。

着物をこれから売りたいとお考えの方は参考にしてみて下さい。

着物が高価買取になる査定ポイント7選!

 
 
 

 

 

作家の着物

高価買取になる可能性が一番高いのは「作家物の着物」です。

作家物は価値があるので、担当して頂いた査定員さんも「業界的にも需要が高いので、是非買い取りたい」と仰っていました。

人間国宝に認定された作家さんなら、査定額も高額に買取られること間違いないでしょう。

着物によっては、買取額が着物だけで100万円を超えることもあるそうです。

村上良子、佐々木苑子、森口邦彦、土屋順紀、二塚長生、北村武資、平良敏子、鈴田滋人、小川規三郎、福田喜重などの作家さんの着物をお持ちではないでしょうか?

証紙を確認してみてください。高額買取りになる可能性大です!


久保田一竹 辻が花帯

 

 

着物の格式

着物の格式は査定するうえで重要なポイントの一つです。

振袖、留袖、訪問着、付け下げ、色無地、小紋など、着物の格式によって値段はかなり変わってきます。もちろん格式が高いものは、生地や素材はいいものを使用しているので、高くなることがあります。

といっても、振袖や留袖は格式が高すぎるものや、紋付きの場合は状況が変わり、少し値段が下がってしまします。

これは、需要の問題で、格式が高すぎるとどうしても買い手が少なくなってしまうからです。
また、買取店によっては、紋付きは買取ってくれない場合があるので、事前に問い合わせてみましょう。


加賀友禅黒留袖

 

 

着物の種類

着物の種類も重要な査定ポイントです。
着物の種類で査定額も大きく変わります。

友禅、江戸小紋、絞り、辻が花、草木染・・・、種類によって査定額はかなり差が出てきます。

友禅大島紬など一般的にも知名度が高い人気の着物は査定額にも大きく影響してきます。


大島紬

 

 

生地の種類

こちらも重要な査定ポイントです。

やはり化繊(化学繊維)ウールの着物は、安価で購入できるものがあるので、何円~何十円とかなり安い査定額です。

逆を言えば、正絹の着物は確実に値段が付きます。

生地の種類によってかなり高い値段が付きます。


正絹の着物

 

 

着丈の長さ

着丈というのは今でいう服のサイズです。

昔の着物は小さいサイズが多いので、最近の人に比べると小さすぎて需要がありません。

どうしても、買取価格も安くなってしまいます。

着丈が140未満の着物は需要がかなり少ないので、査定額には期待ができないでしょう。

逆に大きめの着物は高く査定されます。

着物は簡単にバラシて反物にすることができるので、大きすぎる着物は生地面積が大きいため、反物にし新たに仕立て直すこともできるため、大きすぎても価値が出てくるのです。

着丈が160を超える着物というだけで、査定額が上がります。


加賀友禅

 

 

色は何色か

色、柄こちらも重要ポイントです。

どんなに着物の素材が良くても、奇抜な色や柄であっては査定はマイナス評価になってしまいます。

買取った着物は売りに出されます。需要が少ない色や柄はどうしても人気というところが出てしまいますので、高い買取がされないのです。

現在であれば作家さんの鳥獣戯画の柄の着物などは非常に人気なので、高価査定が期待できます。


鳥獣戯画の着物

 

 

着物の状態

着物の状態はもちろん重要になります。

どんなにいい着物でも、汚れやシミ、虫食いでボロボロの状態だと売り物になりません。

値段が付くどころか、引き取りも無理でしょう。

また、皺でくしゃくしゃになっている着物もよくないです。

シワクチャな状態で放置していると、着物事態が傷んでいきます。

染み抜きや洗濯は専門のクリーニング屋さんでないとできないですが、アイロンなどはできますので、綺麗に畳んで、アイロンをかけてから査定してもらうほうがいいでしょう。

 
 

 
 

おまけ

証紙の重要性


本場結城紬証紙

証紙は査定するうえでかなり重要になります。

証紙があると証紙がないとでは査定額がかなり違います。

そもそも証紙とは何かというと、簡単に言うと「証明書」です。

品質や産地、生地などが証明できる用紙で、着物購入時に必ず渡されるものです。

親族や、知人から着物を譲り受ける時などあると思います。その時は証紙も是非一緒に譲り受けましょう。

また着物を保存する際、たとう紙を交換する時に間違って処分してしまわないように気をつけましょう。

証紙がない場合は査定額が低くなってしまう場合もあります。買取に出す際は忘れずに同梱しましょう。

 
 

 
 

まとめ

今回「BUYSELL(バイセル)」の担当査定員さんから聞いた着物買取の査定ポイントをまとめました。

これから着物を売りたいと考えていた方に参考になればと思います。

やはり着物を売るならば、少しでも高く高額に売りたいものです。

ご紹介した査定ポイントがあなたの着物を高額に買取ってもらえるためのポイントになってくるでしょう。

上記のように作家物や格式が高いもの生地がいいものがなくても、買取業者によっては自分が思っていたよりも高額に査定してもらえる買取業者もあります。

いくらいい着物を持っていたとしても、結局は見てもらう買取店がしっかりとした査定をしていないと10万の買取価格になる着物も5,000円と買い叩かれることになってしまいます。

今回お願いした「BUYSELL(バイセル)」見たいにしっかりと着物の価値を認識している買取店に見てもらうことをオススメします。

買取業者をランキングにした記事もありますので、参考にしてみてください。

 

買取ランキング
ネットの着物買取価格が高いそのワケ

 

BUYSELL(バイセル)に着物相談の方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です